育休中にも実践!将来に向けての貯金のコツ!【家計簿アプリ・ポイ活など】

主婦の私が実際にしている貯金方法です!

FPをしている主人といつも相談しながら貯金方法を考えています。

共働きなので月々の生活費は決まった額をお互い出し合って、残りの給料はお互いに管理しています。

現在は賃貸に住んでいますが、5年以内には主人の実家へ移り、リフォームして住みたいと思っています。(二世帯住宅ではありません。)

なので今将来に向けて貯金をして、頭金を含めて200万ほど用意できれば良いなと考えているところです。

少しでも参考になれば嬉しいです!

『収入ー貯蓄=支出』が貯金のコツ!

一緒に住みだしてすぐに結婚式の費用が必要で、まず貯蓄をいくらするか決めました。

貯金額を決めてから、他の支出の予算の設定をしていきました。

予算を決めたことで一ヶ月あたりの支出を抑える意識がつき、協力しながら支出を抑えることができました。

生活費用と貯蓄用の口座を作り、月初めに給料を振り分けるようにしました。(うちの家はあえて分かりやすいように月初めにしています。)

先に貯蓄もしっかりできているので、もし生活費が余らなくても大丈夫です。余れば貯蓄になり、なお良いです。

子供ができてからはもう一度「収入ー貯蓄=支出」に戻り、家の貯金・子供の貯金と見直しをしていきました。

【例に私たちの支出予算を紹介します!】

 子供が生まれる前子供が生まれた後
食費3万3万
水道・光熱費2万2万
日用雑貨5千5千
外出の出費2万6千2万
子供の出費(1人)なし5千(児童手当)

家計簿アプリで毎月の支払いはいくらか知る

毎月の支出がいくらなのか知ることが大切です。

支出を知らなければ闇雲にお金を使ってしまうことになり、収入より多く使ってしまったり、貯金額が安定せずできる月とできない月が出てきます。

そのためにまず、家計簿をつけることが重要です!

私は家計簿は面倒だし嫌だなと思っていましたが、最近は便利なアプリがたくさん出ており、ズボラな私もアプリで毎月の支出を管理しています。

実際に使っているのが家計簿アプリのZaimというアプリで、無料で細かくカテゴリ分類もでき、一番いいのが

その日のレシートをアプリのカメラで撮るだけ!

という手軽さで長く続けられています。

そしてアプリの初期設定だとカテゴリ分類が多いので、自分のオリジナルのカテゴリで設定しています。

多すぎると支出をカテゴリ分けするだけでも大変なので、このように最小限にしています。

最初はもっと多かったですが、最終的にシンプルになりました。

支出を減らす

支出が分かったところで、次は支出を減らします。

食費

  • コンビニでついついお菓子を買ったり、水筒を持たずペットボトルを買っているなど、小さいことでも良いので減らせるものがないのかチェックします。
  • 外食も少し減らせるなら、自炊を増やすなどしています。疲れてどうしても作りたくないときは、外食はやめて惣菜にするようにしています。
  • 肉なども安い時に買ったり、スーパーのハシゴまではしませんが、チラシを見て安いときに購入します。
  • 肉類も小分けをし、冷凍保存して必要分ずつ使うようにしています。
  • アプリの買い物リストを付けて、必ず買うものはメモしてから買い物に行くようにしています。メモすることで無駄なものを買うことが少なくなります。

水道・光熱費

  • 電気は消し忘れていないか確認する。
  • 日中は明るいので電気を消していることが多いです。
  • トイレの便座を節約モードにしたり、ウォシュレットは温水を切りにしています。
  • 洗濯はすすぎ1回の洗剤を使用し、洗濯機の設定をすすぎ1回にしています。
  • それ以外は、特に節約をしようと心がけてはいません。あまりに節約生活をするとストレスが溜まるので無理はしていません。

日用品

  • 食材と一緒で買い物リストを付けて、都度メモしてから買い物に行くようにしています。余分にストックを買ったり、無駄なものは買わないようにしています。
  • 割引券を使ったり安いときに購入したりしています。

外出時の出費

  • 外出の出費は知らない間に使いすぎてしまうことが多いと思うので、予算内に収まるように調整することを心がけています。
  • 月1回だけ決めた日に贅沢する日を作っています。その日以外は特に外食はせず、自炊をするようにしています。贅沢する日もないとストレスが溜まってしまうので、そこは無理していません。
  • お菓子やケーキ類は必要な食費ではないので、外出時の出費にカテゴリ分けしています。食費と分けることで、買い過ぎないように調整しやすいです。
  • お菓子やケーキなどは食べることが好きなので、我慢するとストレスが溜まってしまいます。なので、予算内で超えないように調整しながら買うようにしました。(月末はたまに予算ギリギリになるか、少しマイナスになってるので他で調整します。笑)

子供の費用

  • 0才児で児童手当5,000円を使って、おむつ・おしり拭き・衣類など購入しています。
  • 衣類やベビー用品などだいたい貰い物で、たまに肌着や洋服を買ったりしています。
  • おむつやおしり拭きもクーポンなどを使用し、できるだけ安く買うようにしています。
  • 残りの児童手当は1万円は教育費として貯金と資産運用に回しています。月の5000円が余ったときはそれも貯金に回しています。

他にも節約方法はいろいろ

ポイ活

食費や外出費など、支払いのときにポイントが付くようにクレジットを使うようにしています。

光熱費や保険の支払いなど、固定費もクレジット払いにし、ポイントを付けるようにしています。

うちの家は楽天カードを使っているのですが、ポイントが1%(100円=1ポイント)付くので還元率もいいです。

固定費をクレジット払いにしていると使う金額も決まっているため、使いすぎるなどの心配もなく安心できます!

ポイ活で買った品物は、電子レンジ・トースター・ゲームソフト・ドライヤー・おむつなど、ほぼ無料で購入しました!

保険・ローンの見直し

子供が生まれたすぐに保険の見直しを行いました。子供が生まれたことで収入も変化し、収入と支出のバランスを調整するためです。

無理な支払いがあれば、生活するのも大変になるので、都度調整が必要だと思います。

私の家では車のローンがあるので、できれば早めにローンは返して利息分をかからないようにしたいと思って貯蓄しているところです。

まとめ

独身時代から結婚して、結婚式の費用も必要だったり、また子供が生まれたりと生活環境も次々変化していきます。

生活環境の変化に合わせて支出の見直しも必要で、都度話し合いながら決めていくようにしています。

これから子供の成長に伴い、お金が必要になってくるので将来に向けて貯蓄をしようと思っています。

私の家の貯金方法ですが、参考になれば嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA